わきがは早期治療によって自信を取り戻せる

わきがは自分だけじゃなく周りの人にも影響が出る症状。その為早期解決することが必要となる。わきがは既に治療法が確立されていて、美容外科に行って日帰りで手術や注射を受けることが出来る。治療によってワキガで悩むことはなくなる。

わきがのチェック

腋臭症は自分では気付くことが難しく、他人が指摘するのも難しい為、知らぬ間に他人を不快な気持ちにさせている可能性があります。
自分がわきがではないか、と心配するのであれば簡単なセルフチェックで判断することが出来ます。
まず、耳垢が湿っているかどうかが第一の判断基準です。
耳垢が湿っている人全員がわきがという訳ではありません。しかし、耳垢が乾燥している人にわきがの人は居ません。
耳垢が湿っている、というのであれば衣類をチェックします。確認して、衣類のわきの部分が黄色く色が付いていれば可能性が高いです。
更にしっかりと調べたいのであれば、腋にガーゼを挟んで一日過ごしてみて、次の日にガーゼの臭いを嗅ぎます。臭いがついていれば確実にわきがです。
わきがは遺伝しやすい為、家族にわきがの人が居るのであれば一度確認するのが適切です。
わきがの臭いは自分が思っている以上に強烈であることが多いです。
納豆や酢、ネギの匂いと形容されることもあり、良い印象を与える事はほとんどありません。
特に夏場やスポーツをしている人は脇汗をかきやすく、臭いも強烈なものとなります。
しかし、わきがはすでに治療方法が確立されており、治すことが可能な症状でもあります。

腋臭症の人は腋の内部にアポクリン汗腺という汗腺があります。これは通常の人にはないもので、腋臭症の人特有のものです。
通常の汗腺とは異なり、差異はあれど白い汗が出ます。その白い汗が雑菌と結合して汗を分解することにより、臭いが発生します。
腋臭症の人の男女比はほぼ1対1で、女性の方が若干多いとも言われています。男性の病気という印象も強いですが、女性の方が気をつけなければなりません。

わきがは自分でもある程度臭いを抑えるための努力をすることが出来ます。
まず、脇毛の脱毛や剃毛を行う事です。毛の間で雑菌が繁殖するのを防ぐだけじゃなく、毛によって臭いが広がるのを防ぐことが出来る為、効果的です。
更に肉などの脂肪分が多い食事を控える、ということも重要です。脂肪分が多い食事をとることによって、皮脂が過剰に分泌され臭いの原因となります。
またタバコやお酒を控える事も対策の1つです。
タバコやアルコールに含まれているアセトアルデヒドは臭いの原因成分で、ワキガにも影響を与えます。
タバコやアルコールの臭いが消臭剤でも取りにくいのと同じように、たばこを吸っている人のワキガの臭いも取りにくいものとなってしまいます。

制汗剤やミョウバンを利用するのもひとつの手です。
制汗剤やミョウバンには汗を抑える作用があります。特にミョウバンはお風呂に入れたり、粉末にしてスプレーにして腋に吹きかけたりすることで汗を抑えて臭いを防ぐことが出来ます。ミョウバンには制汗作用だけではなく、雑菌の繁殖を抑える、また殺菌力もあります。更にミョウバンには様々な金属が含有されていて、臭いの元である物質を中和することにより消臭効果も期待できます。
ワキガの臭いを抑えるのに効果的なミョウバンは、スーパーでも購入することが出来ますし、値段も100円程度で非常に経済的です。ワキガに悩んでいるのであれば、利用する価値は大いにあります。

しかし、腋臭症の治療は保険も適用され、手術することで永久的に困る事もなくなりますので、治療を行うのが何よりも最適なワキガ対策となります。